円滑に進めるために

交通事故の示談は込み入った話が多くなるので、自分で示談をする場合であれ弁護士に依頼する場合であれ、そしてもちろん保険会社の担当者に任せる場合でも同様ですが、正確に状況説明をし、嘘のない報告をすることが大切になります。自分に過失が多く及ぶことを恐れて適当な説明をしてしまうとあとから自分が困ることになりますので注意しましょう。そして覚えていないことや定かでないことは、なんとなくで話をせずに「覚えていない」と言うようにしましょう。そもそも事故の時の一瞬の出来事を周囲の状況も含めてすべて正確に把握し覚えているほうが驚きなので、はっきりとわからないことがあっても当然です。わかる部分は正直に、わからない部分ははっきりとわからないと話すようにしましょう。

また示談を円滑に進めるためにも保険会社の担当者や弁護士のすすめをしっかりと聞くようにしましょう。特に弁護士の言うことに関しては、現実的な折り合いをどこでつけるのかなど経験と法に則したアドバイスをしてくれるのできちんと説明を聞いて円滑に示談が進むように協力しましょう。責任の所在を決めることに関しては不用意な発言をするべきではありませんが、冷静に事故の相手方に対しても誠実で丁寧な対応を心がけることも示談をスムーズに進めるために大切なことです。示談の流れなどを掲載しているサイトなどを参考にして予習しておくのも、よりスムーズになる良い方法かもしれません。

LINK・・・交通事故 示談
(交通事故示談の流れを掲載している「交通事故被害者救済サイト」です。)

示談でも弁護士へ相談

先にあげたような関係する修理費などが小さい場合に、わざわざ弁護士費用を支払って示談を進めるというのは割に合わないかもしれませんが、修理費や治療費、損害賠償などに関してかなり高額な支払いが関係してくる自動車事故においては弁護士に相談するメリットというものが大きくなってきます。事故当事者としては、交通事故に遭うということ自体でもショックですが、保険会社に任せられると思っていたものが難航しているということで二度ショックです。メンタル面のことも考えて自分で示談を頑張らずに弁護士に任せるほうが得策と言えるでしょう。

弁護士への相談でかかる費用というものはさまざまです。相談だけでも費用がかかるところもありますし、無料相談を受け付けてくれているところもあります。ホームページからメールで相談できるようになっているところなどさまざまですし、最近では保険会社で弁護士費用特約に加入している人も少なくないかもしれません。なんらかの形で弁護士にきちんと相談できる体制を普段から作っておくならば不測の事態に陥っても安心感を得られるでしょう。普通の保険だけでもほとんど使う機会がないのに弁護士特約まで加入するのかと思う人もいるかもしれませんが、交通事故はいつ何時遭うかわからないものなので、安心を買っておくというのも一つの手段です。

事故の示談交渉は難しい

交通事故ほど心身共に疲れ果てるトラブルも少ないのではないでしょうか。加害者の立場にせよ、被害者の立場にせよ精神的にガックリきてしまうものです。さらに示談交渉の段階でもめてしまうとますます思い煩いの原因になります。

例えば信号待ちで停止している時に後ろから当てられたというような、過失割合がわかりやすく10対0の案件などはまだいいのですが、過失が割れたときなどは示談の交渉も大変です。あるいは相手方がなかなか示談交渉に応じなかったり、難くせをつけてきたりするような人だとますます事態は深刻になります。

事故の過失割合というものは、その都度保険会社の担当者同士で話し合って決めていると思っている人も多いですが、実際のところは判例タイムスという本に過去の膨大な事故事例をもとに、このようなケースの場合の過失割合は何対何というように決まっていますので、ほとんどの場合は過去の事例に沿って過失割合は決まっています。しかしなかにはそれでも納得しないような人もいるので、双方のどちらかがその過失割合で納得しないと示談交渉も難航します。最終的に保険会社同士の話し合いだけでは進展せずに、裁判ざたになってしまうケースもあります。修理費が10万円程度の比較的軽い事故だとしてももめるときはもめるので、事故の示談交渉は基本的に難しいものだと心構えをしておくことが必要です。では示談の場合に弁護士など専門家に相談するというのは現実的なアイデアなのでしょうか。